会長挨拶

香川県司法書士会 会長 森塚 幸範

市民に身近な法律家、司法書士

香川県司法書士会のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

私たち司法書士の歴史は古く、140年余りにわたり、土地・建物の売買、相続などの登記や会社法人の設立、役員変更などの登記手続の専門家として、また裁判所に提出する訴状、答弁書などの裁判書類の作成業務を通じて、市民の皆さまの権利や財産を守ってきました。

近年、高齢化社会、日常生活におけるトラブルの多様化の中、成年後見人等として高齢者や障がいのある方々の権利擁護をおこなっています。

また、法務大臣の認定を受けた司法書士が、身近な法的トラブルの問題解決に簡易裁判所の訴訟代理人として、積極的に取り組んでおり、併せて、多くの会員が相続財産管理人、不在者財産管理人、調停委員等として活躍するなど、その活動は多肢に渡っております。

当会では、県内3か所に「相談センター」を設置し、相談会を開催して、多くの皆さまからご相談をいただいております。

最近は相続に関する相談が増加傾向にあります。司法書士は長年の相続登記手続を通じて培ってきたノウハウがあり、相続に関する手続や問題解決は得意とする分野です。まずはお気軽にご相談ください。

また、話し合いにより問題の解決をめざす「香川県司法書士会調停センター」を法務大臣の認証を受けて運営しております。

いろいろなトラブルについて、当事者がお互いに納得できるような解決方法をみつけるために、司法書士をまじえて話し合うことができますので、問題解決の手段としてご利用ください。 

さらには、地元香川大学の法律講座等への講師派遣や同大学法学部の学生らを対象とした司法書士体験を通じて次世代の育成を図り、新たに問題化している「空き家問題」「所有者不明土地問題」への対策にも、香川県及び県内市町と連携しながら相談員を派遣するなど、時代や社会のニーズに沿うよう努めております。

現在、当会には170名を超える会員がおり、県内各地に事務所を構えていますので、お気軽にお近くの司法書士をお訪ねください。

このホームページを通じてさらに多くの方々に「司法書士」の仕事や活動に触れていただければ幸いです。

私たち司法書士は、これからも「身近なくらしのなかの法律家」として、市民の皆さまのご期待に添えるよう尽力いたします。

香川県司法書士会 会長 森塚 幸範